« マトリックス・エナジェティクスの勉強会 | トップページ | オスグッドと診断されました »

2011/08/06

ひざとかかととアキレス腱の痛いサッカー少年

「一か月も休んでるのにまだ治らない」
しかもちゃんと治療院に通って、いわれたことを守っているのになぜ。

当院でよく聞かれる親御さんの嘆きです。

理由は簡単です。
間違ったことをやっているからです。

この子はサッカークラブに通う小学6年生。
足に痛みが出たので練習を休みながらいくつか治療院に通ったそうです。

その治療院で指導されたのは患部をよく冷やすこととストレッチをがんばることだそうです。

この子のような筋肉疲労に対して患部を冷やすというのは間違いでしょう。
疑問に思われる方は、おふろにゆっくりつかって風呂上がりの痛みの状態を確認されるといいと思います。
風呂上がりにもし痛みが余計に強くなるようならアイシングすれば済む話なので簡単です。
きっと風呂上がりは楽になっているはずです。
温めて血行を良くしてやるのが大事です。

ストレッチに関しては筋肉疲労に対して効果的なものがあるのかよくわかりません。
一般的なストレッチは自分自身で試してみても痛みに対してあまり効果がないように感じます。
痛みを軽くする運動とストレッチは別物だと思います。

冷やしたりストレッチするくらいなら、多分一ヶ月間何もしないで休んでいたほうがましだったように思います。
小中学生の場合普通一か月もすれば自然に良くなるでしょう。

当院では一回目の施術で帰りには痛みはほぼありませんでした。
ただしまだコリを取りきれるところまではいけませんでした。
翌日にアビスパ戦を観に行って走り回ったのでまた痛みが出てきたようですが、以前ほどではなくなりました。
一週間後の二回目の施術で痛みは取れ筋肉疲労もいい状態まで行けました。

多分これで大丈夫でしょう。
「ほんとによくなるんですか」というお母さんの心配でしたが、帰りには安心されたようです。

スポーツで頑張れば必ず付いてまわる痛みやけが。
小中高生の場合、練習や試合で頑張りすぎて出てきた痛みは通常1,2回の施術で解消することができます。


そういえば春ごろ肘の痛みで施術した野球少年は県大会で優勝したみたい。
痛みが取れるだけじゃない、勝ち運も付けるのが高嶋整体院の特長です。

« マトリックス・エナジェティクスの勉強会 | トップページ | オスグッドと診断されました »

スポーツ障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マトリックス・エナジェティクスの勉強会 | トップページ | オスグッドと診断されました »